発明文法ー12の法則と人類史を創る意識のかたち

■「発明文法ー12の法則と人類史を創る意識のかたち」


●「世界のことばの共通のかたち」を世界文法といいます。世界文法は12の法則と
人類を幸福にする宝を有しています。21世紀の発明文法で政策を科学的に創れます。
発明文法には12の法則があり心と意識の認識では2次元より3次元で理解できます。
意識のかたちの中に、霊・心・魂のかたちは内包されて、言葉のかたちは機能します。
 

■①人類史の問題は3種類で知識の問題と動作(物質と場)の問題と矛盾の問題です。 
  これらの全問題は英語の基本5文型で全て解決できます。世界全言語も共通です。 

■②言語は名詞と形容詞と動詞で構成されます。プラス思考・未来思考・陽転思考で 
  正しいプラス言葉だけを選び大声で明確に未来意志を表現すると幸福になります。 

■③世界の全言語の形容詞・動詞・名詞と主語・述語・目的語・補語の三次元のかた 
  ちで機能する座標は同じです。3次元でのことばの時空間認知の座標は同じです。 

■④問題解決のために機能・かたち・コストの視点から考えて、名詞+形容詞から名 
  詞+他動詞へ、名詞+自動詞へ、考えると、人生の矛盾問題は解決し進化します。 

■⑤問題を解決する時に、心の時空の基本5文型の座標はらせん状の順序があります。 
  人々の心から自律・自発・自主的に言葉や意識が出るよう仕掛けるのが政策です。 

■⑥宇宙の創造主が人類に望む未来意志は平和・繁栄・幸福で豊かな生活の3点です。 
  国際・国家・自治体・企業・社会・家庭の目的を自律社会で実らすのが政策です。 

■⑦宇宙の森羅万象を、心と意識のかたち(3次元情報思考回路)に名詞と動詞と形 
  容詞を位置づけ、自然科学と社会科学と生活科学の統合力の体系を認識できます。 

■⑧未来思考で政策を考える時、3次元言語の構造から科学的に現状分析から政策ま 
  での開発が可能で、国民が自律・自主・自尊で意志行動をとる自動詞が基軸です。 

■⑨宇宙の全法則は進化する。自然科学と社会科学と生活科学の法則は上位法則の内 
  に包摂され統合化され進化します。知の体系の中で全法則は進化し統合されます。 

■⑩神は無。神は無を作り有と宇宙と人を作る。無は無=有+(-有)。神は全法則を 
  生む無。始めに言葉あり。動詞・形容詞・名詞は世界語で共通の座標に位置づく。 

■⑪人生の運命はその人の言葉と行動で決まる。幸福と不幸をわける基軸は言葉です。 
  不幸な人は、形容詞とBE動詞に執着する。他動詞から自動詞への変換力が弱い。 

■⑫遺伝子が進化し、進化系統樹ができるように、人類史で社会法則の進化系統樹を 
  観察すると言語の基本5文型は感情・現状分析・企画・対策・行動の循環を示す。
 

●運命を変える言葉の力ー世界文法を理解すると人類68億人は皆が幸福になります。

 

世界文法

経営の法則

Tuesday the 17th.